Sponsored Link

ココナッツミルクの栄養素は?カロリーは高くないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ココナッツミルクの栄養素は?カロリーは高くないの?

 

今、ダイエットに効果的と話題になっているココナッツミルク。

 

濃厚なイメージがあるかもしれませんがカロリーは高いのでしょうか?
そしてどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

ココナッツミルクのカロリーは高い?低い?

ココナッツミルクは濃厚な味わいから「カロリーが高い!」と思われている人が多いかもしれません。しっかりした味のものは大抵カロリーが高いですからね。

 

でも実は、ココナッツミルクのカロリーはそれほど高くありません。100gあたり、約150kcalです。

 

これだけではどのくらいのカロリーなのかわかりにくいですが、牛乳と比べてみると、普通牛乳で100gあたり約67kcal。濃厚タイプで約73kcalです。

 

牛乳と比べるとカロリーは高くなりますね。が、ココナッツミルクは牛乳のようにそのまま飲むものではなく、コーヒーに加えたり、料理に入れたりしますので、実際の使用量は少なくなります。

 

ココナッツミルクと生クリームのカロリー比較

 

どちらかというと生クリームの方が使用方法が似ているので生クリームのカロリーも見てみましょう。

 

植物性の場合、100gあたり392kcal、動物性の場合は433kcalです。生クリームと比べるとカロリーは半分以下になりますね。

 

ココナッツミルクは牛乳の代わりよりも、生クリームの代わりとして使用するとカロリーが抑えられます。

 

また、スムージーなどを作る場合は、牛乳200gの代用でココナッツミルク100gと水100gで作ると、カロリーを減らすことができます。カロリーを抑えたいのなら、牛乳と同量で使用しないほうがよいでしょう。

 

参考:簡単!栄養andカロリー計算

 

ココナツミルクの栄養成分は?

ココナッツミルクにはどんな栄養成分が含まれているのでしょうか。

 

まず、一番多いのは脂質です。脂質というと体によくないイメージがあるかもしれませんが、ココナッツミルクが注目されているのはこの脂質です。

 

ココナッツミルクに含まれている脂肪酸は必須脂肪酸である中鎖脂肪酸です。

 

中鎖脂肪酸とは?

中鎖脂肪酸は、一般的な脂肪酸である「長鎖脂肪酸」に比べて長さが約半分ほどです。
摂取してすぐに肝臓で分解、吸収されるため、脂肪になりにくい油です。

 

また、中鎖脂肪酸が吸収されるときに発生される「ケトン体」も注目を集めています。

 

他には、ビタミン、ミネラルも含まれています。
特に含有量が多いのは、銅、マンガン、マグネシウムです。

 

ただし、これだけで栄養素が補えるというものではありません。
ココナッツミルクを健康や美容、ダイエットのために補う場合も、ほかの食生活での栄養バランスにも気を付けることが大切です。

 

まとめ

ココナッツミルクは脂質である中鎖脂肪酸が多いということを考えると、やはりカロリーは低いといえますね。生クリームの代わりに使用したり、水を加えてスムージーにしたりして摂取するのがおすすめです。

 

消化吸収の良さやケトン体の働きからダイエットにも向いているので、摂取量に気をつけながら使用していきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

Sponsored Link

関連ページ

ココナッツミルクの糖質は多い?少ない?
ダイエットに効果的だと言われるココナッツミルク。糖質は多いのか?少ないのか?比較してみました。
ココナッツミルクのカロリーは高い?コレステロールは?
ココナッツミルクのカロリーは他の乳製品と比べてそれほど高くありません。が、コレステロールはどうでしょうか?今回はカロリーとコレステロールについてまとめてみました。